在宅勤務は現代の救世主

NO IMAGE

コロナウイルス騒動で一時期は緊急事態宣言まで発動され、在宅勤務も増えてきたと思われますが、昨今はまたその選択も減ってきているようにも感じられます。 今回は在宅勤務で得られるメリットを解説していき、それによって在宅勤務の素晴らしさを広められたらと思います。 満員電車に乗ることで生まれる疲弊を回避できたり、時間の短縮になったり、お金を使わなくなる 毎日の満員電車、皆さんも大きなストレスになっているのでしょうか。研究によると戦場で闘うよりも大きなストレスがかかっているとも言われています。これを回避できるのは心身の健康に大きくプラスになると思われます。また、都心ですと平気で一時間通勤などありますが、それもなくすことができます。毎日往復2時間をやりますと、一週間で10時間、月で40時間、年で480時間、ほぼ20日電車に乗っていることになりますね。この時間を勉強や育児などにつなげられれば大きく自分や家族の幸せに繋がると言われています。ある人はこの時間を介護に使っていると聞きました。親との時間を、今まで以上に費やすことができるならばこんなに効果的な使い方はないと思います。 また電車で疲弊することも少なくなるので、いらない買い食いが減ると言われています。今までは駅で時間があるとコーヒーをちょっと買ったり、雨を売店で買ったりしている人もそれなりに多かったと思われますが、外にでてそのような無駄な体力の浪費をすることが減るためいらない出費が減ります。これより在宅勤務をしていなかった時よりお金が溜まっていった人も少なくはないのでしょうか。 自分の業務への集中ができる オフィスにいると電話がかかってきて取り次いだり、先輩に話しかけられて仕事が降ってきたり、後輩から悩みを相談されたり、そんな思いも寄らない出来事が多くおきます。これによって自分の業務が妨げられて、予定通りに仕事が進まず、結果残業するといった悪い循環にもつながったりします。もし在宅ならばそのようなことはなくなり、必要なことだけ共有されていったり、集中モードなどで話しかけられないようにするのもたやすくなるので、自分の業務が大いに進むと思われます。勤務時間も短くなり、他のことに裂ける時間も増えるはずです。 このように在宅勤務はパッとあげただけでも非常に多くの、そして効果的なメリットがあることがよくわかります。是非とも一度試してみて快適な社会人生活を送っていだたければ幸いです。